おしゃれなスーツなのに粗末な待遇:ブンデスリーガのチームのスポンサーが組合員を解雇

In partnership with IndustriALL which represents 50 million workers in 140 countries in the mining, energy and manufacturing sectors and is a force in global solidarity taking up the fight for better working conditions and trade union rights around the world.

ドイツのアパレル会社ロイロブソンは、トルコのイズミル工場で働く組合員11人を解雇しました。同社はブンデスリーガのチーム、ヴェルダー・ブレーメンとVfL ヴォルフスブルクの主要なスポンサーです。イズミル工場では600名の雇用があり、繊維組合のテクシフ(Teksif)は組合化しようと働きかけてきました。

しかし、労働者が組合に加入すると、同社は組合に加入した労働者を解雇したのです。今年に入り、11名の組合員が解雇されました。経営者は、主義として会社側は組合側と接触することは決してないと、話し合いを拒否しています。


支援お願いします。氏名とEメールアドレスを入力して下にある『メッセージを送る』ボタンをクリックして下さい。

氏名
(必須)
Eメールアドレス
(必須)
組合/団体名
国名
メッセージをここに記入して下さい。あるいは既存のメーセージを利用して下さい


今後も緊急行動提起の情報が欲しい人はここにチェックを入れて下さい
LabourStart takes your privacy very seriously. Read our privacy statement here.

Stop spam!
Enter the number 3739 here:

Thank you





メッセージは以下のEメールアドレスに送付されます
royrobson@labourstart.org